大学で教員をしています。大学での出来事を中心に日々考えることをありのままに綴っていきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
英国と米国に銀行口座を私持っています。

 両方とも、留学した時に作ったもので、帰国の時に閉じませんでした。最初の英国には、また留学したいと思っていた(結局かなっていない)し、旅行のときも、現地でカードでお金が下せるから便利などどくらいに思っていました。小切手も使える、普通預金にお金が入っていました。

 そのうち銀行の方が、よかれと思って利息がつく口座にまとまった資金を移しました。それはよかったのですが、知らない間に口座維持管理料がちょっとしか入っていない普通口座にかかるようになりました。毎月15ポンドも。ただでさえ円高でかなり目減りしているのにさらに毎月15ポンドも取られたのではたまったものではあありません。
 というわけで口座の閉鎖の指示、残った資金を振り込んでもらう手紙を出しました。

 そして1か月。そろそろ心配になっていましたがようやく返事が来ました。

 本当に本人からの手紙かわからないので(タイプしていた)すでに出している内容を手書きで書いて、さらに受け取った手紙のコピーとパスポートのコピーを送るようにとのことです。

 面倒ですね。。。日本と違って返信用の封筒も入っていないし。でもこれですっきりします。

 せめて2007年あたりの円安のときにクローズしていなかったことが悔やまれます。

↓3つのランキングに参加しています。クリックして応援してくださいね!↓





 FC2 ブログ ランキング 

人気ブログランキングへ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eigonosensei.blog39.fc2.com/tb.php/425-b40328a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。