大学で教員をしています。大学での出来事を中心に日々考えることをありのままに綴っていきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 2009年3月卒業生に関しては、私の勤務する大学の卒業生に関しては、幸いほとんど不況の影響はありませんでした。しかし、2010年度卒業生に関しては、そう楽観してはいられません。
 
 そんな中、主要100社2010年春の採用計画調査の結果が発表になりました。
採用にあたって、重視する点を選択肢から3つ選んでもらったところ、第1位「コミュニケーション能力」(74社)、第2位「行動力」(51社)、第3位「人柄」(32社)となり、熱意(31社)が続きました。

第1位のコミュニケーションはここ数年変わっていませんが、学生も気にしがちで、私たち教員も強調しがちの成績や、語学力を求める会社は0社でした。学生時代の活動についてもたった9社でした。
 コミュニケーション能力を見るために、面接やグループ討論を取り入れている企業が多くなってきているようです。(朝日新聞 3月29日 10面より)

 当り前のことかもしれませんが、数年ごとに企業が学生に求める姿は変わってきているようです。
大学に入ってくる学生も年々変わってきています。全国的に、学生の基礎学力は低下してきていて、
たとえば英語に関しては、大学生用の英検3級対応用の教科書がベストセラーになっているといいますし、私自身も、学生のコミュニケーション能力の低下は感じています。
 
 原因に関しても、考えられるものがありますが、それについてはまた後日書きたいと思います。

 ↓ランキングに参加しています。クリックして応援してくださいね!↓







人気ブログランキングへ


 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eigonosensei.blog39.fc2.com/tb.php/407-a2e6fe80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。