大学で教員をしています。大学での出来事を中心に日々考えることをありのままに綴っていきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
曽野綾子さんの講演会(仙台 江陽グランドホテル)に行ってきました。

広告で400名定員でご招待というのを見て、応募しました。実際には1000名以上の応募があったそうです。さすが大先生です。
 
 曽野綾子さんのことは、恥ずかしながら作家としての側面しか知りませんでした。時々、ニュースで発言が話題になっていたこともありましたが、特に印象には残っていませんでした。

しかし、今日の講演でさまざまな社会的、政治的活動にかかわって来られたことがわかりました。さまざまな話題がありましたが、少しご紹介したいと思います。

 特に印象的だったのは、日本財団の仕事をしていたときに、寄付したお金がきちんと使われているかどうかを各国に
視察に行って、きちんと現地の人たちと話をしたときのことでした。
 貧しい人たちのために集めたお金が、本当に貧しい人たちのところにはほとんど届いていない実態を聞いて辛い気持ちになりました。

 また、ホテルの部屋を取る時でさえも、入国や出国のときでさえも、賄賂が横行している国の実態を知って驚きました。

 日本では最近、「格差社会」が問題になっていますが、曽野さんが訪問している国の状態を考えると、日本では本当に貧困の状態にある人はいないそうです。地震のときに、3日間1日3回配給されたのがメロンパンだったのを非難する声がありましたが、袋をあけたら確実に安全な食品がすぐに提供される国など、日本以外にはないとおっしゃっていました。
 電気がないところに民主主義は成り立たないーという言葉も印象的でした。そもそも私たちはもはや電気がない生活は想像できないのに、そういう国々が多いことを考えると、つくづく日本人は幸せなのだと思います。
 ちなみに、曽野さんはインターネットは全然使わないそうです。(これも現代の日本人にとってはかなり難しいことに
なってきましたね)
 
 Wikipediaで、曽野綾子さんを見ると、高校生のときの写真が載っています。綺麗な方でしたね。
でも、このページには、曽野さんが語られたような内容はうかがい知ることができません。やはり、著書をもっと読まないといけませんね。「太郎物語」が、息子さんのお話だとは知りませんでした。また改めて読みたいと思います。

 90分という時間でしたが、一瞬たりともおもしろくない部分はありませんでした。

素晴らしい講演会でした。


↓ランキングに参加しています。クリックして応援してくださいね!↓







人気ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eigonosensei.blog39.fc2.com/tb.php/384-f5fabcdc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。